30代以降の収入と貯金額のデータ

30代以降の収入と貯金額のデータ

お金に関する収入と貯蓄金額のデータをまとめてみました。
今後の生活スタイルや、収入と貯蓄の割合を考える際の参考にしてみてください。

 

日本人の平均年収
  • 男性30代前半(30歳〜34歳)平均年収438万円
  • 男性30代後半(35歳〜39歳)平均年収499万円
  • 女性30代前半(30歳〜34歳)平均年収294万円
  • 女性30代後半(35歳〜39歳)平均年収297万円

 

男性においては、15年前と比べて70万円程下がっています。
女性においては、そこまで違いはないようです。
これは、男性の契約社員が増加していることもひとつの要因でしょう。

 

日本人の平均貯蓄額

2人以上で暮らす世帯の平均貯蓄額は、1182万円となっています。
とはいっても、一番多いのが400万円前後。
貯蓄なし(100万円以下)が、3割となっています。
貯蓄額については、上位の人が平均を押し上げているという印象があります。
貯蓄額については、銀行などの預貯金や株式、投資信託などの金融商品を含んだ額ということになります。

 

自宅を購入した人は、どうしても手持ちが少ないでしょうし、持ち家志向のない人は現金を貯める傾向があるとも言えます。
2人以上と言っても、子供のいるいない、自宅があるないによっても違いますので、あくまで参考程度に捉える方がよさそうです。